見つけ出したい自分にぴったりのお仕事を、まずは成功への第一歩を

ホーム

就職活動と勤務形態の選択

ここ数年の就職状況はかなり厳しい状況となっています。
就職活動に苦戦しているいう人も多いのではないでしょうか。自分が満足できる会社に就職するためには、まずどの様な働き方を目指しているのかをはっきとさせる必要があります。

最初の間は漠然とでもいいのでどの様な仕事がしたいのか考えておきましょう。そして、もう決まっているという人はこれから実際に会社を見つけて応募しましょう。その際に注目したいのが勤務形態です。勤務形態は増えており自分で好きな働き方ができる様になっています。

同じ会社に勤めていても、勤務形態が違えば役割ががらっと違う事もあります。自分のライフスタイルやニーズまたはウォントなどに合わせて選ぶ事が多い様です。

最近では特殊な働き方をする人も増えており、場合によってはフレキシブルな働き方をする事も可能な場合があります。勤務形態の選択を間違えば安定した生活を送る事ができなくなる事もありますので、注意したい所ですね。勤務形態は必ず応募の時に閲覧する求人票に掲載されていますので、必ず確認する様にしましょう。

求人広告ではアピールポイントを明快に

自分達の視点で求人広告を作るのではなくて、見る人の立場に立って考えながら求人広告を作るといいかと思います。

見る人は自社の求人広告の他にもたくさんの案件に目を通しています。

求人広告にはいろんな情報が記載されています。自社で働くとこんないい事があるというアピールポイントがはっきりとわかる様に求人広告を完成させたいですね。

例をあげると、スキルを身に付ける事ができる、未経験でも応募できる、大量採用、正社員登用アリ、などというのもいいでしょう。一件の案件はさっと目を通すだけという事もありますので、何かアイキャッチがあれば、もっと細かい情報に目を向けてくれる人も増えるのではないでしょうか。

医師転職と医師アルバイトについて

医師として働く人の中には定年を迎えた後も更に仕事を続ける人もいます。また、定年が近くなってくると、定年後も仕事が続けられるような職場へと医師転職を行う人もいます。

体力的な事などを考えると、夜勤がある様な医療現場で働くのは厳しいという人が多く、できるだけ時間外の仕事が少なく働きやすい職場を選ぶ人が多い様です。定年後に向けた医師転職で選ぶ医療機関としては、老健やクリニックなどの医療機関を選択する人も多いみたいです。

一般的に大きな病院においては定年が定められている事があります。しかし、年齢が無制限である仕事もありますので、何歳でも働ける仕事を選択するといいでしょう。

医師アルバイトの雑所得の種類についてです。
医師アルバイトと言うと、病院勤務以外にどんな仕事があるのでしょうか。

例えば、大学で講義を持つ他に、医療コラムについて取材を受けたり或いは、記事を書いたり、医事ドラマの監修などが有ります。要するに病院だけが仕事ではないのですが、メインの仕事は病院です。こういった収入は雑所得としてカウントされます。お医者さんばっかり儲けてズルいというのではなく、勉強することや、病院経営等で資材を投じていることから考えると、当然の資金回収であることが言えます。

儲けるというのではなく、貢献度で考えるとわかり易いのではないでしょうか。

医師求人の注目すべき事とは

医師の募集は、病院内での医師が不足した場合、看護師や受付事務以外にも多く見られます。また近年では、医師求人に関する専門サイトや、情報誌なども多数あるので、長い間目指してきた方や、ブランクがある方にとって、求人情報を探しやすいツールが整っています。

希望する勤務地のほかにも、常勤、非常勤、雇用形態などにおいても、自分の希望する条件と比較しながら探すことが可能です。さらに、無料の転職相談、履歴書や職務経歴書作成におけるサポートなど、求職活動に役立つ環境が整えられている場合もあり、気兼ねなく利用できます。

医師求人に役立つ専門サイト

医師求人が他の業種での求人と異なる点の一つとして、国家資格を有している方を集めなければならないという点です。医師としての資格を持ちながらも、キャリアにブランクがあるなどで、新しい仕事先を探すこともあるでしょう。

インターネットを上手く活用することによって、医療業界に特化した専門サイトの情報を集めることができます。勤務地や勤務時間、勤務内容など、自分の希望条件と照らし合わせながら情報収集が行えるため、よりメリットを感じやすい就職活動の方法です。さらに、無料での就職相談や、履歴書の書き方を解決させるなど、バックアップ体制も整えられています。

医師求人は眼科医の非公開求人情報をゲットするなら医師アルバイトのJMC。全国の医師求人アルバイト、非常勤情報。

診療科目別に医師求人、募集情報が検索できます。また、地域ごとの医師求人、転職情報も簡単検索。

耳鼻咽喉科の医師募集で求められる人材とは

現代では、少子高齢化がどんどん進んできている地域が増えてきています。また、過疎化が問題視されている地域も多いです。そのことから、医師不足が深刻な課題となっています。その中でも、耳鼻咽喉科は子どもから高齢者の方まで幅広い年齢層の方が利用している科でもあります。

そのため、医師募集を行っている地域もたくさんあります。専門知識をしっかりと持っていて、簡単な処置を必要とされる科であることから、研修中の医師や若い医師ではなく、一人前の医師を必要としています。

また、耳鼻咽喉科には、アレルギーや病気等で通院している方が多いので、一人ひとりの症状に合った診断や処置をしなくてはなりません。そのため、きちんと適切な対応をすることができる能力が必要です。そして、幼い子どもも通院している科であることから、コミュニケーション能力が必要不可欠となります。患者様との会話を大切にしながら、信頼関係を築いていくことも重要なことです。医師募集の求人情報には、詳細が記載されていないことも少なくありません。また、人材を募集しているどのような職種にも当てはまることですが、責任感のある強い意志を持った医師を必要としている医療機関が多いです。

医師バイトとは具体的にどのような勤務形態なのか

いわゆる「病院の医師」には大きく分けて2種類います。とある企業などの専門医としていたり、厚生労働省で働いている特殊な環境にいる医師もいますが、一つは自分自身で病院やクリニックを経営・運用している開業医と呼ばれるスタンス、もうひとつは大学病院などで働く勤務医と呼ばれるスタンスです。

勤務医の中にも常勤医として働いている医師もいますし、様々な病院を曜日ごとに転々としている人や、学校や職場に健康診断などできてくれる非常勤医と呼ばれる人達がいます。非常勤医がいわゆる医師バイトと呼ばれる人達です。今では非常勤をメインとするドロップアウトを呼ばれる医師もいます。

医師バイトで働いている人は他の日は何をしているのか?

医師バイトとして働いている人達が普段何をしているのかということは一般企業につとめている人からすると不思議ですよね。医師バイトのほとんど人は通常は決まった病院で常勤医として働いており、ある曜日だけ他の病院へアルバイトに行く(教師として教えに行く)と言った形をとっています。

一般企業では考えられないような働き方ですが「多くの人の健康のために働く」という使命がある病院・医師ならではの働き方で、週に1回ほどであればアルバイトしてもいいよというスタンスを取っている病院がほとんどです。一種の情報交換会とも言えます。

なぜ医師アルバイトが必要なのか

なぜ通常の先生の他に医師アルバイトと呼ばれる人が必要なのでしょうか。まず入院患者がいるような病院は基本的に24時間先生が病院中にいなければならないという決まりがあります。そういった時に10人先生がいたとしても10日ごとに夜勤が回ってくることになり、通常の勤務も合わせると先生への負担が増えてしまいます。

そんな時に日替わりで1人ずつでも他の病院から専門の先生がアルバイトに来てくれれば、元々働いている勤務医の負担を抑えることができ、より安全な治療を患者さんにも提供することができます。大きな病院、患者さんが多い病院であればあるほど欠かせない存在です。